NICON製ワイドコンバージョンレンズの特性  [戻る]
2015年06月18日更新

1.撮影条件など

前回、前々回購入のワイドコンバージョンレンズは実用性が低かったため高評判のNICON製のワイドコンバージョンレンズを購入し、画質がどう違うか確認した。


2.使用した機器

a) カメラ: SONY NEX-5N
b) レンズ: SEL1655(16-50mm F3.5-5.6ズームレンズ)、Sigma社19mm F2.8単焦点レンズ、SEL35F18(35mm F1.8単焦点レンズ)など
c) NIKON製ワイドコンバージョンレンズ NH-WM75: 0.75倍




3.撮影結果

結論)
a) 16-50mmズーム、19mm単焦点、35mm単焦点レンズにワイコンを装着するも色収差、周辺ケラレ、周辺のボケ、歪も殆どない。
b) 16-50mmズームは四隅が少し黒くなるためフィルター外し撮影した。フィルター外すと右上のみ隅が薄く灰色になる。その後ステップアップリング2段を1段に替えるとフィルター付でも四隅に全く影響しないことが分かった。
c) 16-50mmズームレンズにおいては広角側、望遠側ともケラレなどなく全ズーム範囲で画質低下もなく使用できる。
d) また、Canon製ワイコンのような絞り開放状態での激しいボケはない。35mm単焦点F1.8の画像は等倍画像でみるとほんの僅かボケた感じがする。少なくとも F2.5以上より使用した方がよい。(作例:F1.8 , F2.5) 更に全露出に対し精細度、色合い、コントラストも若干悪くなるようである。
e) ワイコンを装着することにより若干シャッター速度、或はiso値が変わる。16-50mmズームは25%シャッター速度低下、19mm単焦点は28%ISOが大きくなる。35mm単焦点は何も変化しなかった。
f) 18-55mmズームレンズに装着し18mm設定では四隅が少し黒くなる(22mm なら完全に消える、この場合実質16.5mm)。18mmは四隅が黒くなるが全く使えないこともなさそう。(フィルター未使用)
g) 50mm単焦点レンズに装着したが特にケラレ、絞り開放時のボケなど発生しない。(計算上ワイコン装着すると焦点距離は37.5mmになる)
h) 55-210mmズームレンズ広角側に装着すると問題なく使えるが、100mm以上は全体的に薄いボケが発生し、200mmではオートフーカスしない。

全コンバージョンレンズまとめはこちらを参照


3.1 16-50mmズームレンズにワイドコンバージョンを付け撮影(広角側)
全体画像  オリジナル画像を横幅1875pixに圧縮し、横幅860pixで表示
a)ワイドコンバージョンレンズなし (iso100 f5.6 1/125s)


b)ワイドコンバージョンレンズあり (iso100 f5.6 1/100s)



左側画像 全体画像の左端より等倍で横幅640pix分切出し
a)ワイドコンバージョンレンズなし


b)ワイドコンバージョンレンズあり



中央画像 全体画像の中央部を等倍で横幅640pix分切出し
a)ワイドコンバージョンレンズなし


b)ワイドコンバージョンレンズあり




3.2 35mm単焦点レンズにワイドコンバージョンを付け撮影(1.8)
全体画像  オリジナル画像を横幅1875pixに圧縮し、横幅860pixで表示
a)ワイドコンバージョンレンズなし (iso200 f1.8 1/60s)


b)ワイドコンバージョンレンズあり (iso200 f1.8 1/60s)



中央画像 全体画像の中央部を等倍で横幅640pix分切出し
a)ワイドコンバージョンレンズなし


b)ワイドコンバージョンレンズあり




3.3 35mm単焦点レンズにワイドコンバージョンを付け撮影(F2.8)
中央画像 全体画像の中央部を等倍で横幅640pix分切出し(全体画像省略)
a)ワイドコンバージョンレンズなし (iso400 f2.8 1/60s)


b)ワイドコンバージョンレンズあり (iso500 f2.8 1/60s)




3.4 18-55mmズームレンズ広角側(18mm)でワイドコンバージョンを付け撮影
a)ワイドコンバージョンレンズあり (isi100 f3.5 1/800s)




3.5 ワイコン装着時の画角
16mmZ+Wicon (12)19mm+wicon(14.3)16mmZ(16)
Sigma19mm(19)35mmZ+Wicon(26)35mm単焦点(35)
18mmZ+Wicon(13.5)20mmZ+wicon(15)



3.3 NIKON製ワイドコンバージョンレンズを付け撮影
撮影サンプル 






戻る