ワイドコンバージョンレンズの特性  [戻る]
2014年09月21日更新

1.撮影条件など

カメラレンズの前にワイドコンバージョン、およびテレ(望遠)コンバージョンレンズを装着したとき、どの程度広角、望遠の撮影でき、画質がどうなるか確認した。


2.使用した機器

a) カメラ: SONY ILCE-6000、一部 NEX-5N使用
b) レンズ: 35mm単焦点レンズ、55-210mmズームレンズなど
c) コンバージョンレンズ: Kelda製のワイドコンバージョンレンズ (0.75倍)、テレコンバージョンレンズ (1.38倍)




3.撮影結果

結論)
a) 35mm単焦点レンズにワイドコンバージョンレンズを付けて撮影すると色収差はないものの画像周辺にボケがでる。35mm単焦点レンズにテレコンバージョンレンズの場合は周辺のボケ、および周辺に色収差が激しく現れる。55-210mmズームレンズ(広角側)にワイドコンバージョンレンズを付けると隅の一部が黒く周辺ボケが激しい。望遠側にテレコンバージョンレンズを付けるとカスミがかかったような画像になる。今回購入したテレコンバージョンレンズは現時点では実用性は全くない。ワイドコンバージョンレンズについては35mm単焦点レンズに装着して撮影することになるが周辺のボケは覚悟しておかなければならない。

b) 19mm単焦点レンズに装着すると四隅が僅かに暗くなる。フィルターを外すと暗くならないが周辺ボケが少し大きくなるためフィルター付きでの使用がベターかもしれない。

c) 50mm単焦点レンズに装着すると周辺の歪は少ないものの周辺ボケ、および全体のピントがボケた感じになり実用に耐えない。マニュアルフォーカスで調整すると全体のボケはなくなる。(AFが効かない)

d) 16-50mm/18-55mm標準ズームレンズ(広角側)に装着すると穴から覗いた感じになる。


3.1 35mm単焦点レンズにコンバージョンレンズを付け撮影
全体画像 オリジナル画像を横幅2000pixに圧縮し、横幅860pixで表示
a)コンバージョンレンズなし (iso100 f9 1/100s)


b)ワイドコンバージョンレンズあり (iso100 f8 1/100s)


c)テレコンバージョンレンズあり (iso100 f8 1/80s)


詳細表示



3)35mm単焦点レンズにワイドコンバージョンレンズを付け撮影
撮影サンプル (22枚) No.17からの6枚はワイドコンバージョンなし(比較用)



4)19mm単焦点レンズにワイドコンバージョンレンズを付け撮影
撮影サンプル (枚) 一部比較用にワイドコンバージョンなしあり





戻る